プログラム速報

カテゴリ: OS

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 経理の智子 ★ 2016/06/06(月) 12:15:54.03 ID:CAP_USER9
2016年7月29日、いよいよWindows 10の無料アップグレード期間が終了する。Microsoftのかなり強引なWindows 10インストールへの誘導策によって、一般ユーザーの間にマイナスイメージが広がりつつある状況だが、OS自体の評価は分けて考えるべきだろう。

そもそも、無料アップグレードの対象となるWindows 7/8.1搭載のPCは、この機会にWindows 10を導入すべきなのだろうか。

結論から言うと、「不都合がない限りは、Windows 10にアップグレードしたほうがいい」となる。不都合とは、動作しない周辺機器やアプリケーションがある、メーカーサポートが受けられなくなるといった問題だ。

無料アップグレードの対象となっているWindows 7/8.1からWindows 10まで、PCのシステム最低要件は変化していない。アップグレード時に警告が出ない限りは、そのままWindows 10にアップグレードしても操作の体感スピードはほとんど変化せず、目立って動作が遅くなるような問題もほとんどないだろう。筆者も手持ちのPCをWindows 10にアップグレードして使っているが、そこは問題ない。

・Windows 10のシステム要件
・CPU:1GHz以上
・メモリ容量:32bit版では1GB、64bit版では2GB
・ストレージ空き容量:32bit版では16GB、64bit版では20GB
・GPU:DirectX 9以上(WDDM 1.0ドライバ)
・ディスプレイ解像度:800×600ピクセル

Windows 10導入後はユーザーインタフェースの変化に慣れが必要だが、Windows 8.xで省かれたスタートメニューが完全復活するなど、Windows 7からWindows 8.xに乗り換えるより違和感は少ないはずだ。また、仮想デスクトップ、Windowsストアアプリのウィンドウモード表示、通知と設定がまとまったアクションセンター、音声対応パーソナルアシスタントの「Cortana」、高速な起動やスリープ移行など、Windows 10で加わった新機能や、強化されたセキュリティを享受できるメリットもある。

そしてWindows 10導入のメリットで最も大きいのはサポート期限の延長だろう。Windows 7は2015年1月13日にメインストリームサポートが打ち切られ、2020年1月14日には延長サポートも終了する。Windows 8~8.1は2018年1月9日にメインストリームサポート、2023年1月10日に延長サポートが終了する。延長サポートが切れると、セキュリティアップデートが提供されなくなるため、情報漏えいなどのリスクは増大してしまうのだ。

一方、Windows 10は現状でメインストリームサポートが2020年10月13日、延長サポートが2025年10月14日まで受けられる。今後どれだけ既存のPCを使い続けるかにもよるが、長期運用を考慮すると、最新のWindows 10を導入しておいたほうがベターだ。(以下省略)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160605-00000021-zdn_pc-prod
引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1465182954/
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ゲーミングPC
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/05/30(月) 14:13:35.107 ID:1MiXDUE4d
教えてクレンザー
引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1464585215/
続きを読む

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加
firefox
1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/05/27(金) 05:38:11.30 ID:aPSgcuvia
もっと早く変えればよかったわ
引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1464295091/
続きを読む

このページのトップヘ